ブライン冷凍法にはデメリットもある

冷凍方法には様々な種類がありますが、例えばブライン冷凍法と呼ばれる方法を使用すると、どのような形の食品であっても、食品の大きさがどれぐらいの大きさであっても、大抵のものはどんなものでもすべて対応できます。

こういったメリットがある一方、このブライン凍結法は、食塩であるとか塩化カリウムなどのブラインとも呼ばれる濃厚溶液を、マイナス17度からマイナス40度まで冷却し、食品を漬け込み冷凍させるため、多少のブラインが食品に染み込んでしまうというデメリットもあります。





Posted in: 急速冷凍機