急速冷凍機・冷凍方法に関する情報を発信

このブログでは急速冷凍機の冷凍方法などに関する情報を発信していきたいと思います。

食品を長期に渡って保存するためには、カビやばい菌の繁殖を防ぐ必要がありますので、ずいぶん昔から、食品を冷凍し保存するということが行われてきました。冷凍保存するときは、およそマイナス18度より低い温度で冷凍することにより、これらのことが可能になります。

現在では私たちも、普段の生活や家庭において、外国から輸入されてきた魚や肉、冷凍食品、或いはその他の食品を食べることができています。

これははるか昔から多くの研究者達が、冷凍技術について研究し、これを追求してきた成果であるといえるかと思います。

やはりこれまでの冷凍技術には、色々な意味で限界がありました。とれたての食べ物や作りたての食べ物は、どれもおいしく食べることができますが、一度食品を冷凍してしまうと、その食品の味はやはり劣化してしまいますし、食べ物を冷凍してしまうと、後で解凍した時においしく食べられないと感じることは、普段の生活でも多いのではないでしょうか。



Posted in: 急速冷凍機